MSFS2020 インストール・初期設定

MSFS2020 インストール・初期設定

はじめに

Microsoft Flight Simulator 2020(以下、MSFS2020)がリリースされて2年ぐらいになりましたが、筆者はBoeing 737 NGしか操縦ができないことと、新しくMSFS2020環境を構築する余力もなくて、Prepare3D v4.5を今まで利用していましたが、SDDを増設することになり、ついにMSFS2020をインストールしました。

インストールしたばかりで右も左もわからない状況で、Googlingしながらなんとなく初期設定をしています。

当投稿では、参考先などをまとめました。

参考先

FSMS2020 初期設定

FSMS2020 トレーニングの日本語化

筆者の設定例

基本的にデフォルトのままで、以下の設定を変更しました。

MSFS2020を起動したら表示される『WELCOME』画面で、上部にある「OPTIONS」リンクをクリックすると『OPTIONS』画面が表示されます。

GENERAL(全般)

『OPTIONS』画面で「GENERAL OPTIONS」リンクをクリックすると『GENERAL OPTIONS』画面が表示されます。
「GRAPHICS」の「DISPLAY MODE」を「FULL SCREEN」に変更しました。
「SOUND」の「MUTE AUDIO IN BACKGROUND」を「OFF」に変更しました。
画面上部の「OPTIONS」リンクをクリックすると『OPTIONS』画面に戻ります。

ASSISTANCE(アシスト)

『OPTIONS』画面で「ASSISTANCE OPTIONS」リンクをクリックすると『ASSISTANCE OPTIONS』画面が表示されます。
「PILOTING(操縦)」の「TAKE-OFF AUTO-RUDDER(離陸オートラダー)」を「ON(オン)」に変更しました。
「USER EXPERIENCE」の「INSTRUMENT HEADS-UP DISPLAY (HUD)」を「OFF」に変更しました。
画面上部の「OPTIONS」リンクをクリックすると『OPTIONS』画面に戻ります。

CONTROLS(コントローラー)

『OPTIONS』画面で「CONTROLS OPTIONS」リンクをクリックすると『CONTROLS OPTIONS』画面が表示されます。

まだ何も変更しておりません。今後1個ずつコントローラーを接続しながら変更していきたいと思います。

BLOG一覧

参考文献

  • 「」(:2021年月日)
  • 「」(:2021年月日)