AircraftPMDG 737NGXu

Prepar3D 計器用2Dパネルの制作メモ

投稿日:

概要

PMDG 737 NGXを運行する際に、ChasePlaneを利用しています。バーチャルコックピットの視点を移動するには十分便利になりましたが、やはり常にPFDやNDを確認できれば便利だな~と思いまして、 中古で USB接続のモバイルディスプレイを購入しました。
当記事は、 モバイルディスプレイに表示させる2Dパネルと計器を制作する際に参考になった情報を残すことを目的としています。

購入したディスプレイ

購入したディスプレイはCENTURY LCD-8000Uです。メルカリとヤフオクで各々3500円ぐらいで購入しました。解像度800×600の8インチで、計器を表示するにはちょうどいいサイズではないかとおもいます。さらにUSB接続なので、ヨークを接続するUSBハーブに接続するだけで画面が表示されるので、パソコンに接続するにも便利です。

2Dパネルと計器制作のドキュメント

計器xmlを作成する知識を得るためにはPrepar3Dの公式ホームページが一番参考になりました。

サンプル計器

以下のページでダウンロードした計器のxmlファイルを、上記のドキュメントくぉ読みながら理解することで、ある程度計器を作れることになりました。

2Dパネル製作内容

PMDG 737 NGXuの2Dパネルを改修した時のメモです。

計器の2Dパネルを増やすために、以下のファイルをメモ帳などで開いて、ソースコードを修正します。修正する前にバックアップを取ることをお勧めします。

C:\Program Files (FS)\Lockheed Martin\Prepar3D v4\SimObjects\Airplanes\PMDG 737-800NGXu\panel\panel.cfg

以下が今回修正した内容です。3つのパネルを追加しました。

PS C:\Program Files (FS)\Lockheed Martin\Prepar3D v4\SimObjects\Airplanes\PMDG 737-800NGXu\panel> diff (cat panel.cfg_org20200111) (cat .\panel.cfg)

InputObject                                             SideIndicator
-----------                                             -------------
window15=KJA Outboard DU                                =>
window16=KJA Inboard DU                                 =>
window17=KJA Upper DU                                   =>
//                                                      =>
// KJA Outboard DU                                      =>
//                                                      =>
[Window15]                                              =>
size_mm=800, 537                                        =>
windowsize_ratio=1.000                                  =>
position=6                                              =>
visible=0                                               =>
ident=10001                                             =>
gauge00=PMDG_737NGXu!DU, 263, 0, 537, 537, 1 LEFT_OUTBD =>
//                                                      =>
// KJA Inboard DU                                       =>
//                                                      =>
[Window16]                                              =>
size_mm=800, 537                                        =>
windowsize_ratio=1.000                                  =>
position=7                                              =>
visible=0                                               =>
ident=10002                                             =>
gauge00=PMDG_737NGXu!DU, 0, 0, 537, 537, 1 LEFT_INBD    =>
//                                                      =>
// KJA Upper DU                                         =>
//                                                      =>
[Window17]                                              =>
Background_color=0,0,0                                  =>
size_mm=800, 417                                        =>
windowsize_ratio=1.000                                  =>
position=8                                              =>
visible=0                                               =>
ident=10003                                             =>
gauge00=PMDG_737NGXu!DU, 0, 0, 417, 417, 1 UPPER        =>
background_color=0,0,0                                  =>
background_color=0,0,0                                  =>
                                                        =>
                                                        =>
                                                        =>
                                                        =>
                                                        =>
                                                        =>
                                                        =>
                                                        =>


PS C:\Program Files (FS)\Lockheed Martin\Prepar3D v4\SimObjects\Airplanes\PMDG 737-800NGXu\panel>
※差分を確認したウェブサイト:Diffchecker

2つは、 解像度800×600のディスプレイに表示するために、解像度を800×537にしました。Windowsのタスクバーがあるので高さを若干低く指定しております。残り1つもディスプレイのサイズに合わせて解像度を調整しています。

表示するパネルは、操縦士用Outboard DUとInboard DU、Upper DUです。

Prepar3D v4を起動して、PMDG 737 NGXuを選択します。以下のように新しい2Dパネルが選択されるようになります。

各々のパネルをディスプレイに表示すると、以下のようになります。現在表示している計器とディスプレイの横縦比が一致しないので、残り部分には黒色で表示されています。次回には、その部分に表示される計器を自作する予定です。