AircraftFokker F50

Fokker 50

Fokker 50 について

概要

フォッカー50とは、オランダの航空機メーカーであったフォッカーが開発したターボプロップ双発旅客機です。また当機はベストセラーであったフォッカー F27を大型化したうえで改良した機体で、この旅客機もまた前作と同様にセールス的に成功しました。

運航乗務員2
座席数58(最大)
初飛行日1987年2月13日
全長25.25m
全幅29.00m
全高8.32m
翼面積70.0 m2
主翼アスペクト比
ホイールベース
キャビン長
エンジンPratt & Whitney Canada PW125双発
推進力1,864 kW (2,500 hp)
プロペラ
機体重量
(空虚重量)
12,250 kg
最大離陸重量
(MTOW)
巡航速度522 km/h
航続距離2,055 km
離陸滑走距離
(最大離陸重量時)
着陸滑走距離
(最大着陸重量時)
最大燃料容量
実用上昇限界7,620 m
総生産数223機

製造社

フォッカー・アエロプラーンバウ(Fokker Aeroplanbau 、直訳: フォッカー航空機製造)はオランダの航空機メーカーです。

日本の航空会社

名古屋を中心に中日本エアラインサービスという航空会社が運行していましたが、エアーセントラル(CRF/NV)と社名変更しANAの子会社になりました。機材はそのまま利用されましたが、2009年2月28日に引退しました。

ダイアグラム

Prepar3D のアドオン

Carenadoからターボプロップ旅客機のフォッカー50 がリリースされています。
別売りの Flight1 の GTN 750 と Reality XP GNS530 にも対応しているとのことです。

Carenado

関連アドオン

塗装情報

参考文献