AircraftATR 42

ATR 42

ATR 42 について

概要

ATR 42 はフランスとイタリアの航空機メーカーが合弁事業で興した ATR が製造するターボプロップ双発旅客機です。42は標準座席数の42席(ピッチ 81cm)を意味します。

ATR42 の開発ローンチは1981年11月4日なので、相応に歴史があるモデルだ。-200(プロトタイプのみ)、-300(初の量産モデル)、-320、-400、-500と改良を重ねてきて、現行の-600に到達しています。

日本で初の導入事例は熊本の天草エアラインとなった(運航開始は2016年2月)であり、日本航空グループの日本エアコミューター(JAC)でも ATR42-600 を導入しております。

ATR 42 는 프랑스의 항공기 제조회사인 ATR 에서 제작한 단거리용 쌍발 터보프롭 항공기입니다.

일본에서 처음으로 도입 사례는 아마쿠사 항공 (운항 개시는 2016 년 2 월) 이며, 가고시마 현의 섬을 이어주는 일본 항공(JAL) 그룹의 재팬 에어 커뮤터(JAC)에서도 ATR42-600을 도입하고 있습니다.

運航乗務員2
座席数42 ~ 52
初飛行日
全長74 ft 5 in (22.67 m)
全幅80 ft 7 in (24.57 m)
全高24 ft 11 in (7.59 m)
翼面積587 ft² (54.5 m²)
主翼アスペクト比11.1:1
ホイールベース28.8 ft (8.78 m)
キャビン長45.4 ft (13.85 m)
エンジンATR 42-200:プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW100
ATR 42-300:プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW100
ATR 42-320:Pratt & Whitney Canada PW121
ATR 42-500:Pratt & Whitney Canada PW127E
ATR 42-600:Pratt & Whitney Canada PW127M
推進力
プロペラ
機体重量
(空虚重量)
ATR 42-200:23,148 lb (10,500 kg)
ATR 42-300:23,148 lb (10,500 kg)
ATR 42-320:23,148 lb (10,500 kg)
ATR 42-500:24,802 lb (11,250 kg)
ATR 42-600:24,802 lb (11,250 kg)
最大離陸重量
(MTOW)
ATR 42-200:34,280 lb (15,550 kg)
ATR 42-300:37,258 lb (16,900 kg)
ATR 42-320:37,258 lb (16,900 kg)
ATR 42-500:41,005 lb (18,600 kg)
ATR 42-600:41,005 lb (18,600 kg)
巡航速度ATR 42-200:267 knots (494 km/h) (巡航高度時)
ATR 42-300:267 knots (494 km/h) (巡航高度時)
ATR 42-320:267 knots (494 km/h) (巡航高度時)
ATR 42-500:299 knots (554 km/h) (巡航高度時)
ATR 42-600:300 knots (556 km/h) (巡航高度時)
航続距離ATR 42-200:480 nmi (885 km)
ATR 42-300:480 nmi (885 km)
ATR 42-320:480 nmi (885 km)
ATR 42-500:840 nmi (1,555 km)
ATR 42-600:842 nmi (1,560 km)
離陸滑走距離
(最大離陸重量時)
ATR 42-200:
ATR 42-300:1,090 m – 3,576 ft
ATR 42-320:1,041 m – 3,415 ft
ATR 42-500:1,025 m – 3,363 ft
ATR 42-600:1,025 m – 3,363 ft
着陸滑走距離
(最大着陸重量時)
ATR 42-200:
ATR 42-300:1,033 m – 3,389 ft
ATR 42-320:1,030 m – 3,379 ft
ATR 42-500:1,126 m – 3,694 ft
ATR 42-600:1,126 m – 3,694 ft
最大燃料容量ATR 42-200:1,486 US gal (5,625 L)
ATR 42-300:1,486 US gal (5,625 L)
ATR 42-320:1,486 US gal (5,625 L)
ATR 42-500:1,486 US gal (5,625 L)
ATR 42-600:4,500 kg – 9,921 lb
実用上昇限界25,000 ft (7,600 m)
総生産数

ATR 42-600 について、いい記事がありましたのでご紹介させていただきます。

製造社

ATR(Avions de Transport Régional )は2つの航空機メーカー、フランスのアエロスパシアルとイタリアのアエリタリアが1982年に興したコンソーシアム(共同事業体)です。

運用中の日本の航空会社

ATR 42-500 のダイアグラム

Prepar3D のアドオン

Carenado より ATR 42-500 がリリースされています。
別売りの Flight1 の GTN 750 と Reality XP GNS530 にも対応しているとのことです。

しかし、残念ながら ATR 42 を使用している日本の航空会社は天草エアライン、JAC、HRC、全て ATR 42-600 シリーズで運航しています。
500 シリーズと 600 シリーズの大きな違いですがエンジンの改良は勿論ですがコックピットの計器類がグラスコックピット化され、更に CATⅢ ILS 進入も可能になり、客席も LED 照明と現在の最新設備になっています。

Carenado

関連アドオン

関連情報

参考文献